埋もれ木図書館

おススメの漫画・本・ゲームもろもろの紹介をします。

「カンギバンカ」2巻(原作:今村翔吾 漫画:恵広史 講談社)

※ネタバレ注意

 

(本日紹介する漫画)

「カンギバンカ」2巻(原作:今村翔吾 漫画:恵広史 講談社

発売日からちょっと経ちましたが、ようやく読めました。

 

(2巻感想)

2巻も線が美しいです。

九兵衛も成長してきているので、ますます凛々しくなって美しい若者に成長しています。

成長という意味で、「大きくなったなあ」と管理人が思うのは九兵衛よりも弟の甚助でしょうか。1巻は、兄の庇護がまだまだ必要な小さな弟、といったイメージですが、甚助自身がぐんぐん成長してきて、もう、いっぱしの少年になっています。

 

親を通り越して、孫の成長を喜ぶジジババみたいな感想を述べちゃっていますが、冷静に考えれば管理人より奴らはずっと昔に生まれた、過去の人間です。

いえ、それ以上に彼らフィクションの人間です。

 

閑話休題

 

ここからは、超ド級のネタバレ入ります。

ただし、1巻からの引きでもある、一番の超ド級のネタ、梟についてはあえて伏せておきます。単行本でどうぞ。

 

やはり2巻の見どころは、九兵衛と住職の宗慶とのやり取りでしょう。

(同じく寺にいる僧の宗倫様は、とってもいわくありげな顔していても、ミスリード要因だったという哀しいオチ)。

 

宗慶様の絵面が必要以上に怖いというかそれを越えて恐ろしい顔で描かれているので、二度目に見ると、いくら何でも怖く描き過ぎだろこれ、と内心ツッコミを入れたくなります。

普通に、イイ爺さんで人格者なのに…。

 

戦国の、食うか食われるかの世界なので、普通の人格者が「アリエネ」というかかなりの希少価値になっている中で、主人公九兵衛らが人格者宗慶和尚の元へ身を寄せ、そして彼の元を去るまでが2巻の大きな流れとなっています。

そして、1巻から苦楽を共にしてきたヒロイン日夏とはここでいったんお別れになります。

 

昨日の「カナカナ」でもあったけれど、鈍感な男に惚れると大変だな、日夏。

又の再会をお待ちしております。

 

段々、過去の人扱いとなった多聞丸ですが、管理人、彼は生きている説を未だ信じています。

最終巻まで「まだ生きている!」と言い張らぬよう、そこまでにはハッキリさせたいです。

「カナカナ」1巻(西森博之著 小学館)

※ネタバレ注意

 

(本日紹介する漫画)

「カナカナ」1巻(西森博之著 小学館

 

(作品紹介)

海辺の町で居酒屋を営む、元ヤン青年正道。

ある日、正道は他人の心が読める少女(むしろ幼女?)佳奈花に出会い、彼女を養育することになる。

どこかズレた、正道と佳奈花の、疑似親子?物語。

 

(感想)

サイトでおススメだということで、読んでみました。

年齢的には疑似ファミリー物語ですが、内容は疑似親子ものというよりも、鈍感な男に恋をしたおませな女の子の物語、といったところでしょうか。

その女の子も自体就学前だからもう、恋愛と名付けていいのかどうかも迷いますが、管理人は超初々しい恋愛モノ(佳奈花の片思い)と捉えました。

ただ、恋愛モノなのに「他人の心が読める」という要素を付け加えたのは斬新でした。

本当に他人の心が読める設定だから、好きな正道の心も当然読めるんですが、よくも悪くも彼は裏表がなく、大したことを考えていないんですよねー。

 

頭の中は大根のこととか。 

 

心の中を読みたいであろう正道も含め、もれなく全ての他人の心が読めるのに、それなのに、好きな人(正道)の気持ちが分からない。

人の機微が分かる勘の良い人間であっても、他人の心が読めていても、それでも他人についてはままならんねえし、欲とかいろいろなバイアスがかかってやっぱり分かんねえという切り口は、実に上手いなあと。

 

まあ、あと20年もしたら佳奈花の想いは本当の意味で成就するような気はしますが、その時正道っていくつになるんだ??

お酒を扱う居酒屋をやっている正道は多分成人しているから、二人の年齢差は20近くはあると思います。

正道なら、イケてるおじさまになっている確率が高いけれど。

 

佳奈花の片思いの成就は、かなり長そうでっす。

「「自分らしさ」はいらない くらしと仕事、成功のレッスン」(松浦弥太郎著 集英社文庫)

※ネタバレ注意

 

(本日紹介する本)

「「自分らしさ」はいらない くらしと仕事、成功のレッスン」(松浦弥太郎著 集英社文庫

 

(作品紹介)

元「暮しの手帖」編集長である筆者が綴った、頭でなく、「心」で考えるレッスン集。

 

(感想)

仕事の心構えを学ぶのに良いかなと思い、紹介。

現代の日本では、4月から入社する方も多いので。

 

管理人が本書の中で一番、共感したのは「ごみの捨て方」です。

「ごみ箱にどうやって捨てるかは、その人の品性の象徴です。」

「宝物や必要なものは誰でもていねいに扱いますが、いらないものを処分するときの「手の添え方」に、違いが出てきます。」

ほんこれです。

よく人間は困窮した時にその本性が分かるって言いますが、実は困窮する場面は日常生活でそう何度も出てこないし、いざそういった場面でも責任を擦り付けたり、逃げたりして相手が尻尾を出さない事も多いので、平時に人の本性を見る場合には「ごみの捨て方」ってわりと有効だったりします(勿論見ている対象がその事に気付いていない事限定で)。

大事な仕事や目立つ行事、ここでいう「宝物や必要なもの」は誰でも注意し、用心をしますが「ごみ捨て」といった分かる人には分かる「大事な事」に気が付かず、「汚いものを始末する」としか思えない人にはその人間性がわりとハッキリ出るので、人となりをこっそり見たいと思ったらおススメします。

 

ここまでなら、まあ「掃除」など、他の事象でも例えとかでもあるので「ふーん、そうだよね」で終わりなのですが、「おおっ」と感心したのはこの後の描写。

 

「ひたすらストイックに、「生ごみを少なくします」というのは、ちょっと違う。何かに特化して意識を働かせると、たいてい歪んでくるものです。」

 

例えば「ごみの捨て方に品性ガー」などと職場の上司などがしたり顔で言うとします。で、何が起こるかというと「ウチの上司、ごみの捨て方までいちいちチェックするから用心しよう」と、ストイックに意識を働かせ、結果歪んできます。

方法論に捕らわれすぎても、大事な事を見失うという、読者に向けての注意喚起です。

 

ここからは管理人個人の意見になりますが、その上で更に必要なことはその大事な「心のありよう」とは、結局何をどう言おうと他人が押し付けることは決して出来ないということ。

せいぜい出来ても、多少歪んでも、お互い他人の人生の迷惑にならない程度に型にはめて譲歩をするということです。

 

でなくば世の中こんなに「人間関係ガー」って悩んでいる人もいないでしょう。

「仲良く暮らしましょう」って心のありようを地球上の全員に押し付ければいいだけなんだから。

 

ブログ書いているお前が言うのか、と突っ込む方もいるかもしれません。

面白い漫画・本に出会ったら「読め」とはブログで書きますが、実際読むかどうかを決めるのは読者であって、管理人ではありません。

それは常々苦手だと思っている人を「今日からそいつを好きになれ」って強要されることと何ら変わりありません。

嫌ならスルーすればいいだけだし、「面白そう」と思ったら紹介したものを読んでいただければ幸いです。

 

「この世界は不完全すぎる」3巻(左藤真道著 講談社)

※ネタバレ注意

 

(本日紹介する漫画)

「この世界は不完全すぎる」3巻(左藤真道著 講談社

令和3年4月最新刊。

 

(3巻感想)

ルゥ!!!(涙)

 

ここからは2巻のネタバレになるので、2巻を読んでいない人は、作品を先に読んでください。

2巻での悲しい別れから、ずっとアマノ君はルゥの事が忘れられずに、とうとう禁じ手を使います。

それは、デバックストーンを使ってルゥを蘇らせる。

ここはもう、ダークファンタジーの王道!の展開で、管理人ゾクゾクしながら読みましたとも。

ええ。

 

で、確かに蘇るんですがー。

蘇るんですがー。

二重の意味で、冒頭の感想に戻ります。

 

アマノ君が好きな人は、2~3巻の怒涛の展開は外せません。

 

ちなみに3巻を読んだ方は、もう一度1巻のルゥ登場シーンを読んでみてください。

「あ、これゲームの世界なんだ」という哀しい設定に気が付きます(いや、そもそもこの話自体フィクションなんだけれどね)。

 

それが3巻前半の感想。

 

後半からは、2巻に突如出てきて、本当に突然去ってしまった黒騎士が再登場。

黒騎士もまたデバッカーで、名前は加賀見アキラ(見た目は巨乳エルフのお嬢さんですが、名前と口調から人間世界での真の性別がちょっと判別がつかないので、アキラで統一します)。

エルフのアキラが彼らと出会って、仲間に自主的に(勝手に)加わります。

主人公達に強引に仲間になった真の目的が分からないので、何とも言えませんが、アマノ君をモフることが出来るのはちょっと、いや大分羨ましいです。

ハガ、二コラ、アマノ君、アキラの4人、パーティーバランスがだいぶ良くなったところで、旅を続けます。

 

ハガと二コラが両片思い状態で、互いにカワイイ焼きもちをやくところなど、ほんのちょびっと、恋愛要素も入っていますが、

管理人にとっては、やっぱ2~3巻の見どころはアマノ君とルゥの物語です。

 

あの悲劇が起こるまでは、お互いがお互いを必要とし、幸せに暮らしていたのに…。

「さよなら…ルゥ…」

口に出さずに言った、アマノ君の別れの言葉は胸に刺さります。

「転送者 皆川亮二短編集」(皆川亮二著 小学館)

※ネタバレ注意

 

(本日紹介する漫画)

「転送者 皆川亮二短編集」(皆川亮二著 小学館

 

(作品紹介)

「SPRIGGAN」「ARMS」の作者皆川亮二の短編集。

1巻完結。

 

(感想)

泣きたいほどの嫌な事があっても、漫画はいつだってそこにある。

というわけで、本日の漫画感想。

本日紹介する漫画、短編、もしくは前後編の中編併せて5つの作品が収録。

どれも完結していて、続編がないので後味スッキリです。

思ったよりも、ギャグが多かったのが印象的でした。

 

管理人が一番良かったと思ったのは、完全サイレンス漫画の「奪還」。

第二次世界大戦末期のドイツ戦車兵の物語。

敗軍の兵の物語で、もちろん悲劇。

戦勝国だけでなく、敗戦国にも戦う理由や守りたい人やものは確かにあっても、戦争は無情にも全てを奪うという戦争ものとしては今更感満載な話。

台詞が一切無く、表情で読者が展開を読むので、読む人によっては印象が多少異なるかもしれません。

ドイツ兵を主人公にしたことで、戦争ってどんなイデオロギーを抱いたとしても、結局全てを奪われることに変わりはないなと思いました。

 

ギャクでは、「S.O.L」が良かったです。

「STRONG OLD LADY」の略。華麗なる女性傭兵の活躍劇。
と書くと、何だかお色気満点の女性スナイパーとか出てきそうですが、スーパーのおばちゃんといった見た目の女性が、主人公の気弱な男性を守る傭兵としてマジでカッコよく登場。

「殺し屋は今日もBBAを殺せない。」に一番イメージが近い。

この漫画の女性傭兵はもうちょっと若いけれど。あと25年もしたら「殺し屋は~」になりそうな女性。話のノリも近いし。

「殺し屋は~」が好きな人なら読んで損はないです。

 

SFあり、戦争ものあり、ギャグあり、恋愛モノはなし、の短編集。

どれか惹かれたものがあったらどうぞ。

 

「パリピ孔明」5巻(原作:四葉タト 漫画:小川亮 講談社)

※ネタバレ注意

 

(本日紹介する漫画)

パリピ孔明」5巻(原作:四葉タト 漫画:小川亮 講談社

令和3年4月15日、最新刊。

 

(5巻感想)

 

英子ママ登場!!

 

その前に、4巻の続きである若月兄妹の確執は、思った以上に5巻でアッサリ終わってしまいました。

興味のある方は単行本でどうぞー。

 

そもそも英子が渋谷に出てきたきっかけである「家が複雑」と言っていた、その「家族」がとうとう登場。

 

英子ママ美人。

そして彼女の職業は塾の講師。つまりインテリ。

想像していた家族像と全然違って、管理人ビックリ。

むしろ、英子はエリート一族のお嬢さんかーー!?

と思っていたら、英子パパが何とミュージシャンであることが分かります。

バリキャリでありつつも洋服にフェミニンも取り入れた、全く隙の無い美人ママと(おそらく売れない)ミュージシャンのパパがどうやって出逢って結婚したのか不思議でたまりませんが、とにかく英子の家庭環境がここで判明します。

 

もっと経済的な意味で複雑なのかと思っていたけれど、父親が家を出てしまった事、母親との確執という意味で複雑なんですね(それだけでも充分複雑ですが)。

 

英子は終始つんけんした態度を取っていますが、英子が痩せた事を心配し、最後に突然押し掛けた非礼を詫びて帰るところは、英子ママ、確かにおっかないけれど常識のある人だとは思います。

 

英子と英子ママは何かのボタンが掛け違えたのではないかなと。

 

その真相は、次巻に持ち越しのようです。

 

この巻で一番心に残ったのは、次の曲作りに悩む英子にみちるが、

「それなら英子ちんが一番人に見せたくないモノを書くといいよ!」

と言った台詞。

 

そうきたか、と思わず唸りました。

 

「この世界は不完全すぎる」2巻(左藤真通著 講談社)

※ネタバレ注意

 

(本日紹介する漫画)

「この世界は不完全すぎる」2巻(左藤真通著 講談社

3巻の紹介じゃないのかって!?

2巻です。ようやく読めました

 

(2巻感想)

現実世界のデバッカー達がゲームの世界に閉じ込められた。

リアル世界の常識を持ち込みつつも、ファンタジーの世界を闊歩できる画期的アイディアのこの作品。

1巻はどちらかというと、設定や世界観に「やられた!」と思い、一歩というか、どちらかというと三歩位引いた気持ちで余裕で読んでいました。

しかし、2巻のアマノ君とルゥの話にやられました。

フェザー(立って歩くネコちゃん種)のアマノ君(現実世界では天野君)と、ゲーム世界のルウは、1巻の終盤から登場します。

1巻だけだと正直「へえ、二人で仲良く暮らしているんだ」位の印象で終わってしまうのですが、2巻の回想シーンでは、デバッカーであった天野が元の世界に戻れず、同じくゲームの世界に閉じ込められた社長に嫌っ気が差して逃げ出すところからルゥとの出逢いを描いていて、ベタだと言われようが何と言われようが、2巻の序盤に描かれた悲劇は涙なくては読めません。

 

主人公ハガについては、真面目なデバッカーで、背景に大きなドラマがないキャラクターなので、主人公=youというイメージを持ちやすいのですが、深くて重い事情を持ったアマノ君が加わったことで、デバッカー云々だけでなく、物語の舞台となるゲームの世界への思い入れがグッと強くなります。

また、ネコちゃん種のアマノ君は口は悪いけれど見た目が超キュートで、しかもハガと異なり(おそらくわざと)現実世界の人間の姿を出していないので、カワイイキャラクターとしてのイメージも今のところ崩れずにいます。

おまけに、結構頭も切れて超頼りになるし。

とはいえ、彼の魅力は、やはり、ルゥへの深い想いでしょう。

 

物語の進行上、二人が一緒にいられないのは仕方ないかもしれないですが、もっと一緒にいられれば良かったのにと、アマノ君の回想シーンを何度見ても読んでも思ってしまいます。

 

ルゥの首飾りとか。

 

 

このブログランキングに参加しています。 この記事を読んで「押す(推す)ことにやぶさかでない」方は、どうぞ応援クリックをよろしくお願い致します。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村