埋もれ木図書館

おススメの漫画・本・ゲームもろもろの紹介をします。

「ボイスラ!!」1巻(OCTO著 講談社)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「ボイスラ!!」1巻(OCTO著 講談社) (作品紹介) 妹の美大学資を稼ぐため、一攫千金(1,000万円)を夢見て、友人の豊満が勝手に応募した声優養成所の入所オーディションを受ける事になり… (感想) 風貌と…

「地図にない場所」1巻(安藤ゆき著 小学館)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「地図にない場所」1巻(安藤ゆき著 小学館) 「町田くんの世界」、「透明人間の恋」などで知られる安藤ゆき先生の最新刊。 待ってました!! (作品紹介) 家でも学校でも居場所がなく、齢13歳にして「人生終わった…

「天帝少年 中村朝短編集」(中村朝著 KADOKAWA)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「天帝少年 中村朝短編集」(中村朝著 KADOKAWA) (作品紹介) 漫画家中村朝氏による6つの短編集。 (感想) 完全ホラーサスペンスの「白件」 大どんでん返しの「きみが小説家をみつけたら」 中国の化け物饕餮…

「エンド・オブ・ライフ」(佐々涼子著 集英社インターナショナル)

※ネタバレ注意 (本日紹介するノンフィクション) 「エンド・オブ・ライフ」(佐々涼子著 集英社インターナショナル) (作品紹介) 著者佐々涼子氏による「在宅医療」について取材をし、そこで出会った人々の魂の記録を描いた、号泣必至の渾身の一冊。 (感…

「最果てから徒歩5分」(糸井のぞ著 新潮社)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「最果てから徒歩5分」(糸井のぞ著 新潮社) (作品紹介) 自殺の名所「死出ノ岬」(本当の名は志手ノ岬)から徒歩5分にあるオーベルジュ(宿泊設備を備えたレストラン)・ギルダ。幸田すももが「ある出来事」をきっ…

ミステリと言う勿れ情報(令和2年11月27日)

こんばんは。 hanairoribonです。 前回の感想や、ネット情報で既にご存知の方も多いでしょうが、このブログに「ミステリと言う勿れ」の情報を求めて来られた方にお知らせでっす。 月刊フラワーズ1月号では「ミステリと言う勿れ」はお休みになっています。 …

「BADON」3巻(オノ・ナツメ著 スクエアエニックス)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「BADON」3巻(オノ・ナツメ著 スクエアエニックス) 11月25日発売の最新刊。表紙はメガネが似合う色男のリコだ! (3巻感想) 「BADON」は表紙になるキャラが中心人物として活躍するので、3巻はリコが…

「ブルーピリオド」アフタヌーン1月号ネタバレ感想

※ネタバレ注意 今月号の表紙は鉢呂健二です。 本編の感想には触れませんが、今回8巻表紙おまけ漫画の補足説明のようなことが描かれていたので、今月号を読んだ人は、もう一度8巻のカバー絵をめくって表紙を見て下さい。 (本編感想) 今月号は美術関係の話…

「午後9時15分の演劇論」1巻(横山旬著 KADOKAWA)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「午後9時15分の演劇論」1巻(横山旬著 KADOKAWA) (作品紹介) ありし日の東京のはずれ、某有名美術大学の二部表現学部舞台コースの学生たちによる、演劇物語。 (感想) 本作も、「ブルーピリオド」「モ…

「BADON」2巻(オノ・ナツメ著 スクエアエニックス)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「BADON」2巻(オノ・ナツメ著 スクエアエニックス) (作品紹介) 過去の紹介→1巻 (2巻感想) 表紙を見て頂ければわかるように、お調子者のエルモが2巻の中心人物になっています。 主人公達4人が経営する高…

「メモの魔力」(前田裕二著 幻冬舎)

※ネタバレ注意 (本日紹介する本) 「メモの魔力」(前田裕二著 幻冬舎) (作品紹介) 勤労感謝の日に紹介するのかよ、とツッコミが入りそうです。 2019年一番売れたビジネス書だそうです(帯より)。 メモを取ることで、人生が変わる。 筆者が伝授する…

「じいさんばあさん若返る」2巻(新挑限著 KADOKAWA)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「じいさんばあさん若返る」2巻(新挑限著 KADOKAWA) (作品紹介) 過去に紹介した記事→1 巻 リンゴ農家の老夫婦がある日、不思議なりんごを食べた事により(髪の毛以外)若返った! ほのぼのギャグストーリ…

「夕凪に舞え、僕のリボン」下巻(黒川裕美著 KADOKAWA)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「夕凪に舞え、僕のリボン」下巻(黒川裕美著 KADOKAWA) (作品紹介) 昭和の時代に女子新体操に取り組む男子、羽田凜太郎の成長物語。 完結編! (下巻感想) 涙腺崩壊!! 以上。下巻は泣きっぱなしで読み終…

「リアル」15巻(井上雄彦著 集英社)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「リアル」15巻(井上雄彦著 集英社) (作品紹介) 車イスバスケットを舞台に描かれる野宮・高橋・戸川3人の青春物語。 (15巻感想) 14巻から、6年の歳月を経ての発売です。 14巻発売からそんなに時が経って…

「龍と苺」2巻(柳本光晴著 小学館)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「龍と苺」2巻(柳本光晴著 小学館) (2巻感想) 「真っすぐで、愛らしい14歳が将棋に打ち込み始める第2巻!!!」 裏表紙の紹介文です。 主人公藍田苺は「直情的」という意味では物凄く「まっすぐな」お嬢さんで…

「モディリアーニにお願い」最終回(相澤いくえ著 ビッグコミック増刊12月17日号)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「モディリアーニにお願い」最終回(相澤いくえ著 ビッグコミック増刊12月17日号) とうとう、最終回を迎えましたー! (感想) 楽しみにしていた漫画が、また一つ終わってしまいました。 前にも書きましたが、どの作品…

「夕凪に舞え、僕のリボン」上巻(黒川裕美著 KADOKAWA)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「夕凪に舞え、僕のリボン」上巻(黒川裕美著 KADOKAWA) (作品紹介) 1984年、広島の小さな港町で一人の少年羽田凜太郎が女子新体操の世界を知り、その世界にのめり込んでいく…。 男性の女子新体操選手、…

「マナーはいらない 小説の書きかた講座」発売トークショーを見る!

先日こちらの本を紹介しまして→「マナーはいらない 小説の書き方講座」 実は、初回出荷限定購入者特典として、 三浦しをん先生と池上冬樹先生とのトークショー動画配信サービスを期間限定で見られるという事なので、購入者特典をさっそく享受して参りました…

「カペラの眩光」第1話(相澤いくえ著 ヤングアニマルZERO12月1日増刊号)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「カペラの眩光」第1話(相澤いくえ著 ヤングアニマルZERO12月1日増刊号) (作品紹介) その日、日辻青色の絵に5億円の値がついたー。 27歳、売れないバンドマン日辻青色の焦燥する日々、目には見えない才能に対す…

「スタンドUPスタート」1巻(福田秀著 集英社)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「スタンドUPスタート」1巻(福田秀著 集英社) 起業・経営コンサルタント 上野豪 (作品紹介) 「人間投資家」三星太陽に出逢ったことで、さまざまな事情を抱えた人々が、モノクロな働き方から起業を目指す、働き方UP…

感謝

ぶんか社チーム4コマの皆様並びに竹内佐千子先生から当ブログ記事(「これからは、イケメンのことだけ考えて生きていく。」)をツイートして頂き、誠にありがとうございました。 管理人、嬉しすぎて浮かれまくって、その日一日地に足がついていませんでした…

「拝啓、もしもの僕」(昼間正午著 COMICめづ)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「拝啓、もしもの僕」(昼間正午著 COMICめづ) (作品紹介) 冴えない三人組バンドのギター、日向雄介。 自分にはギターしかないと思って、他の選択肢を捨ててきたことは間違いだったのか?もしギターをあの時捨て…

「ブロークン・ブリテンに聞け」(ブレイディみかこ著 講談社)

※ネタバレ注意 (本日紹介するエッセイ) 「ブロークン・ブリテンに聞け」(ブレイディみかこ著 講談社) (作品紹介) 文芸誌「群像」に連載された時事エッセイ集 (感想) 濃い!とにかく内容が濃いです。 作者の代表作ともいえる「ぼくはイエローでホワイ…

「コーポ・ア・コーポ」2巻(岩浪れんじ著 GOT)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「コーポ・ア・コーポ」2巻(岩浪れんじ著 GOT) (2巻感想) 2巻では中条さんの過去、実はかなりのボンボンだったということと本気で好きな女性がいたという事が判明します。ボンボンだったというのはさもありな…

「夜は猫といっしょ」1巻(キュルZ KADOKAWA)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「夜は猫といっしょ」1巻(キュルZ KADOKAWA) (作品紹介) 主人公フータ君(社会人)の家に、妹と共に猫キュルガがやって来た。 猫とフータ君の日常を描いた漫画。 (感想) 月曜日の夜に読んで欲しい漫画を…

「マナーはいらない 小説の書きかた講座」(三浦しをん著 集英社)

※ネタバレ注意 (本日おススメする本) 「マナーはいらない 小説の書きかた講座」(三浦しをん著 集英社) 久々登場、おススメ本。 (作品紹介) web連載「小説を書くためのプチアドバイス」の完全書籍化。 今、漫画でもエッセイでもこの形が本当に多いです…

「Dr.STONE」18巻(原作:稲垣理一郎 作画:Boichi 集英社)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「Dr.STONE」18巻(原作:稲垣理一郎 作画:Boichi 集英社) お待たせしました令和2年11月発売、最新18巻! 世間は既に社会現象ともなっている「鬼滅の刃」ブームですが、「Dr.STONE」も面…

「レディ&オールドマン」8巻(オノ・ナツメ著 集英社)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「レディ&オールドマン」8巻(オノ・ナツメ著 集英社) これで最終巻です。 (8巻感想) ナット―!!!(涙) エンディングは感動の大団円でっす。 何がどう、「ナットー!!!」なのかは読んでのお楽しみですが、最…

「レディ&オールドマン」7巻(オノ・ナツメ著 集英社)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「レディ&オールドマン」7巻(オノ・ナツメ著 集英社) いよいよ、ラスト(最終巻)まで残すところあと1巻です! (7巻感想) いよいよロブとその弟ラスが「不老不死」になった理由がこの巻で明かされます! 「不老…

「レディ&オールドマン」6巻(オノ・ナツメ著 集英社)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「レディ&オールドマン」6巻(オノ・ナツメ著 集英社) (6巻感想) サミーかっけえ!! …以上。 裏表紙に煙草を咥えたサミーが載っていますが、話を読むと「なるほどね」と納得します。ホント、シェリーのママは何で…

このブログランキングに参加しています。 この記事を読んで「押す(推す)ことにやぶさかでない」方は、どうぞ応援クリックをよろしくお願い致します。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村