埋もれ木図書館

おススメの漫画・本・ゲームもろもろの紹介をします。

漫画

「善人長屋」第2集(原作西條奈加 尾瀬あきら 小学館)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「善人長屋」第2集(原作西條奈加 尾瀬あきら 小学館) (作品紹介) 1巻の感想はこちら→「善人長屋」第1集 (感想) 第2集では、大きく分けて3つの話が入っています。 そして、第2集では、第1集の最後に出てきた新九…

「じいさんばあさん若返る」1巻(新挑限著 KADOKAWA)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「じいさんばあさん若返る」1巻(新挑限著 KADOKAWA) (作品紹介) 長年連れ添ったリンゴ農家の夫妻、正蔵とイネ。 ある日の夜、ふたりが目を覚ますと若い頃の姿に戻っていた!!(ちなみに髪だけは白髪) さ…

「マキとマミ~上司が衰退ジャンルのオタ仲間だった話~」1巻(町田粥著 メディアファクトリー)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「マキとマミ~上司が衰退ジャンルのオタ仲間だった話~」1巻(町田粥著 メディアファクトリー) (作品紹介) 森山マミの上司(主任・女)に呼び出されて、知ったのは、同じ衰退ジャンルのオタクだった!ということ。 …

「夜廻り猫」第620話 道連れ(深谷かおる著 モアイ)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「夜廻り猫」第620話 道連れ(深谷かおる著 モアイ) (作品紹介) 夜廻りする猫・遠藤が心を癒す大人気8コマ漫画。 でも、今日紹介する第620話は遠藤出てこないです。 (感想) 第620話を一言でいうなら「全…

「わたしの証拠」第3回(カレー沢薫著 ビッグコミックオリジナル7月12日号)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「わたしの証拠」第3回(カレー沢薫著 ビッグコミックオリジナル7月12日号) (作品紹介) 過去の記事→「わたしの証拠」第1回 第2回が無いのは、すっかり見逃していたから。 1話完結だから、続きが分からないと読…

「犬の哭く村」全2巻(黒川こまち著 白泉社)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「犬の哭く村」全2巻(黒川こまち著 白泉社) (作品紹介) 犬神信仰が根強い伊佐月村。 電車も通らないのどかな田舎の村だが、とうとうゴルフ場建設の動きが出始める。 そんな中、ゴルフ場開発の調査に訪れた建設会社…

「ブラッディチャイナタウン」(杉本亜未著)~或いは杉本亜未先生の作品を語る~

※ネタバレ注意 ※エログロ注意報 (本日おススメする漫画) 「ブラッディチャイナタウン」(杉本亜未著) (作品紹介) 25歳前後の美男子ばかりを狙う連続バラバラ殺人事件を調査する柘植彰正。 被害者の一人と一緒に防犯カメラに写っていた(やはり美男子…

「裸一貫!つづ井さん」2巻(つづ井著 文藝春秋)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「裸一貫!つづ井さん」2巻(つづ井著 文藝春秋) (作品紹介) 「裸一貫!つづ井さん」の2巻目 以前書いた1巻の感想はこちら→1巻 (感想) 2巻もやはり、哲学的な事を言って管理人をドキリとさせるオカザキさんの…

「モディリアーニにお願い」(相澤いくえ著 ビッグコミックス)

※ネタバレ注意 (本日おススメする漫画) 「モディリアーニにお願い」(相澤いくえ著 ビッグコミックス) 令和2年6月現在、4巻まで発行されています。 現在ビッグコミック増刊号で絶賛連載中です。 (作品紹介) 東北にある美大を舞台に、同学年に3人し…

「善人長屋」第1集(原作:西條奈加 尾瀬あきら 小学館)

※ネタバレ注意 (本日おススメする漫画) 「善人長屋」第1集(原作西條奈加 尾瀬あきら 小学館) (作品紹介) 江戸の町中にある、店子も差配も皆善人と評判の「善人長屋」。 実は、店子が全員裏の稼業を持つというその長屋に、裏の顔を持たない、正真正銘…

「空白屋」1巻(とりのなん子著 双葉社)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「空白屋」1巻(とりのなん子著 双葉社) (作品紹介) 20年以内のお望みの1日の未来に行って帰ってこれる「うつろい屋」に関わった人々のタイムリープ・オムニバスストーリー (感想) タイムリープものは、本にし…

「服福人々」1巻(坂本拓著 集英社)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「服福人々」1巻(坂本拓著 集英社) (作品紹介) オッサンが二人連れ立って洋服を買いに行く話。 (感想) 一言でいうなら、初心者にとっても読みやすい洋服選びの物語です。 といっても、洋服に限らず、化粧とかのお…

「ガラスの箱庭」(相澤いくえ著 ビッグコミックオリジナル6月20日号)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「ガラスの箱庭」(相澤いくえ著 ビッグコミックオリジナル6月20日号) (作品紹介) 主人公かすみは、母と二人暮らし。 家は貧乏で、好きなファッションブランド「ネオン」を身に着ける余裕も当然ない。 ところがあ…

「藤子・F・不二雄[異色短編集1]ミノタウロスの皿」(藤子・F・不二雄著 小学館文庫)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「藤子・F・不二雄[異色短編集1]ミノタウロスの皿」(藤子・F・不二雄著 小学館文庫) (作品紹介) チビッ子たちに今もって大人気の「ドラえもん」や、「オバケのQ太郎」の作者、藤子・F・不二雄先生の短編集。1…

「魔王引退」1巻(遠藤淑子著 ㈱大都社)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「魔王引退」1巻(遠藤淑子著 ㈱大都社) (作品紹介) 魔界を統べる魔王が突然引退し、人間界に舞い降りた。 人間の青年(男)に変身し、愉快な(?)仲間達と送るある意味スローライフ漫画。 (感想) 遠藤淑子先生と…

「いいね!光源氏くん」4巻(えすとえむ著 祥伝社)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「いいね!光源氏くん」4巻(えすとえむ著 祥伝社) 令和2年5月31日現在での最新刊。5月に発行されたばかりです。 (4巻感想) 大団円…? これで一応完結なのか…な? 4巻では何故光源氏と頭中将が現代にやって来…

「日に流れて橋に行く」4巻(日高ショーコ ㈱集英社クリエイティブ)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「日に流れて橋に行く」4巻(日高ショーコ著 集英社) 最新刊発売。 (4巻感想) 鷹頭の過去がやっと少し判明します。 何故、「三つ星」に出資するかも、自身の過去に関係しているらしいことも分かります。 で、その肝…

「ブルーピリオド」アフタヌーン7月号ネタバレ感想

※ネタバレ注意 今日は何の日、アフタヌーン7月号の発売日 今月号のネタバレ感想に至っては、本編より先にこのサイト見た方が良いと思う。 肩透かし防止のため。 (7月号感想) 前月の復習→6月号ネタバレ感想 間に合うんかいコレと、神輿の当事者でもない…

「Sketchy」2巻(マキヒロテ著 講談社)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「Sketchy」2巻(マキヒロテ著 講談社) 令和2年5月24日現在での最新刊。 (作品紹介) 1巻紹介 3人の女性によるスケートボード群像劇 (感想) 1巻では超初心者クラスでしたが、この巻ではとうとう3人が同じ初…

「Sketchy」1巻(マキヒロテ著 講談社)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「Sketchy」1巻(マキヒロテ著 講談社) (作品紹介) レンタルビデオ店店員である川住憧子がある日偶然ガールズスケーター達に出会ったことで、スケートボードの世界に入っていく。 ガールズスケーター群像劇! (感想…

「珈琲と猫の隠れ家」(相澤いくえ著 双葉社)

※ネタバレ注意 (本日おススメする漫画) 「珈琲と猫の隠れ家」(相澤いくえ著 双葉社) (作品紹介) 保護ねこカフェ「えびしっぽ」を舞台にしたオムニバスストーリー (感想) ねこが、ねこがメチャクチャカワイイ!!! 東北の美大をテーマにした漫画「モ…

「きみにかわれるまえに」(カレー沢薫著 日本文芸社)

※ネタバレ注意 (本日おススメする、マジで泣ける漫画) 「きみにかわれるまえに」(カレー沢薫著 日本文芸社) (紹介の前に) 以前に紹介したカレー沢薫先生の漫画「ひとりでしにたい」 現在連載存続の危機だそうです(ソースは作者のツイッター) もし良…

「まるごと腐女子のつづ井さん」その③(つづ井著 文春文庫)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「まるごと腐女子のつづ井さん」その③(つづ井著 文春文庫) 過去のおさらい 昨日と一昨日の記事を見てください (感想③) 今日でラスト。 「腐女子のつづ井さん3」の感想になりますが、実は一番書きたかった感想は「腐…

「まるごと腐女子のつづ井さん」その②(つづ井著 文春文庫)

※ネタバレ注意 ※今までノリノリに書いていた記事が、たった一つのボタンミスで全消しになってしまいました。 本日やさぐれモードで再び書いています。バック機能プリーズ。切実に。 (本日紹介する漫画) 「まるごと腐女子のつづ井さん」その②(つづ井著 文…

「まるごと腐女子のつづ井さん」その①(つづ井著 文春文庫)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「まるごと腐女子のつづ井さん」その①(つづ井著 文春文庫) (作品紹介) 腐女子のつづ井さんシリーズ3冊が1冊の文庫になった! 文庫版の小ささと分厚さが気にならない人は、3冊分まとめて900円(税抜)で買える…

「鬼滅の刃」3巻(吾峠呼世晴著 ジャンプコミックス)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「鬼滅の刃」3巻(吾峠呼世晴著 ジャンプコミックス) 今日で3巻。 まだまだ時代に追い付いていません。 (3巻感想) 珠世様は今日も美しい(by愈史郎) 美しい珠世様御一行と別れて、新たな任務に入る炭治郎たち。 …

「鬼滅の刃」2巻(吾峠呼世晴著 ジャンプコミックス)

※ネタバレ注意 2巻!?20巻の間違いじゃないの!? (本日紹介する漫画) 「鬼滅の刃」2巻(吾峠呼世晴著 ジャンプコミックス) (社会現象ここに極まれり) もはや社会現象とまで呼ばれている「鬼滅の刃」。 世間では昨日「鬼滅の刃」20巻が発売され…

「映像研には手を出すな!」5巻(大童澄瞳著 ビッグコミックス)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「映像研には手を出すな!」5巻(大童澄瞳著 ビッグコミックス) 令和2年5月13日現在の最新刊 (5巻感想) モラトリアム期間に部活(同好会)を作ろう! 文化祭で発表&販売しよう! 部外の即売会に出よう! スト…

「映像研には手を出すな!」4巻(大童澄瞳著 ビッグコミックス)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「映像研には手を出すな!」4巻(大童澄瞳著 ビッグコミックス) (4巻感想) 4巻では映像研、いよいよストーリーアニメを作ります。 タイトルは「たぬきのエルドラド」 エルドラドは「黄金郷」を意味します。 気にな…

「映像研には手を出すな!」3巻(大童澄瞳著 ビッグコミックス)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「映像研には手を出すな!」3巻(大童澄瞳著 ビッグコミックス) (3巻あらすじ) 文化祭でのアニメ販売を飛び越えて今度は、自主制作物即売会だ! 音の助っ人となる新メンバーも加わるぞ。 (3巻感想) 顧問存在感出…

このブログランキングに参加しています。 この記事を読んで「押す(推す)ことにやぶさかでない」方は、どうぞ応援クリックをよろしくお願い致します。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村