埋もれ木図書館

おススメの漫画・本・ゲームもろもろの紹介をします。

「ビッグ4」(アガサ・クリスティー著 ハヤカワ文庫)

※ネタバレ注意 (本日紹介する本) 「ビッグ4」(アガサ・クリスティー著 ハヤカワ文庫) (作品紹介) 1年半ぶりのヘイスティングズのイギリス訪問。 そして、旧友であるポアロとの再会。 しかしその時から、国際犯罪組織ビッグ4との対決が始まっていた……

「ミステリと言う勿れ」月刊フラワーズ11月号ネタバレ感想

※ネタバレ注意 今日は何の日、月刊フラワーズの発売日。 別冊付録つき、お得な号になっています。 表紙は、我らが主人公久能整と満月とススキ。 秋ですね-。 (感想) 今回は豪華に100ページです。 「ミステリと言う勿れ」の新作が読めるのは、本当に久…

「らせんの迷宮 遺伝子捜査」全2巻(原作:夏緑 作画:菊田洋之)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「らせんの迷宮 遺伝子捜査」全2巻(原作:夏緑 作画:菊田洋之) (作品紹介) 大学准教授神保仁と、熱血刑事安堂源次が遺伝子捜査を元に、未解決事件に乗り出す。 サスペンス漫画。 (感想) 1話完結、全15話のサ…

「ブルーピリオド」アフタヌーン11月号ネタバレ感想

※ネタバレ注意 感想には関係ないけれど、当ブログ、今週はブルーピリオドの扱いが多いですな。 今月号の表紙は猫屋敷先生だ! (本編感想) なあんで猫屋敷先生は世田介君にあんな風に評価するのか、の理由が分かる話でした。 今作品の藝大受験編は一つの目…

今日は何の日

今日は何の日、月刊アフタヌーン11月号の発売日だったはず。 ブルーピリオドの感想を書く予定が、未だ読めず。 近い内に感想をあげたいと思います。 そういえば、一昨日紹介した8巻、ミニ画集付の特装版も売られていますね。 管理人購入したのが通常版だ…

「女の園の星」1巻(和山やま著 祥伝社)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「女の園の星」1巻(和山やま著 祥伝社) (作品紹介) ある女子校で繰り広げられる先生と生徒のゆる~い日常漫画。 (感想) 舞台は女子校(だから女の園)、そして男性教諭とくれば、漫画の中で恋愛モノの一つや二つ…

「ブルーピリオド」8巻(山口つばさ著 講談社)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「ブルーピリオド」8巻(山口つばさ著 講談社) (作品紹介) マンガ大賞2020大賞、第44回講談社漫画賞総合部門受賞おめでとうございます。 令和2年9月、最新刊!本日発売。 (感想) 気になる8巻の表紙絵は、…

「応天の門」1巻(灰原薬著 新潮社)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「応天の門」1巻(灰原薬著 新潮社) (作品紹介) 時は平安。 在原業平が都で起きた女官連続失踪事件を調べる中で知り合ったのは、菅原道真。 歴史で有名な二人によって京で起きた怪奇事件を解く、サスペンス漫画。 (…

「咳をしても一人と一匹」(群ようこ著 角川書店)

※ネタバレ注意 (本日紹介するエッセイ) 「咳をしても一人と一匹」(群ようこ著 角川書店) (作品紹介) 作者群ようこ先生の、「しい」ちゃんとの日常を綴ったエッセイ (感想) 自分で選んだのではなく、勧められて読んだエッセイ。 折角なので、他の人に…

「スインギンドラゴンタイガーブギ」1巻(灰田高鴻著 講談社)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「スインギンドラゴンタイガーブギ」1巻(灰田高鴻著 講談社) (作品紹介) 舞台は昭和26年、米軍占領下の日本。 福井から、姉の仇となる「オダジマタツジ」を探して上京した少女・とら。 第二次世界大戦直後の日本…

「五匹の子豚」(アガサ・クリスティー著 ハヤカワ文庫)

※ネタバレ注意 (本日紹介する本) 「五匹の子豚」(アガサ・クリスティー著 ハヤカワ文庫) (作品紹介) 母は、無実だった。 16年前に起きた高名画家の殺人事件。 容疑者は画家の妻。しかし母は無実だったと生前に送られた手紙から知った娘は自身の未来…

「Sketchy」3巻(マキヒロテ著 講談社)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「Sketchy」3巻(マキヒロテ著 講談社) (作品紹介) 憧子を中心に語られるガールズスケーター物語。 令和2年9月、最新刊 (感想) 全くの初心者憧子を中心に、スケボーの腕がさまざまな女性たちの物語。 確…

「将棋の渡辺くん」1巻(伊奈めぐみ著 講談社)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「将棋の渡辺くん」1巻(伊奈めぐみ著 講談社) (作品紹介) 将棋棋士渡辺明氏の日常を綴ったショート漫画。 ようやく1巻の紹介できました。 (感想) 管理人、2巻→3巻→1巻→4巻という、ストーリー漫画ならまず読…

「ぼっち旅」(鳶田ハジメ著 フレックスコミックス)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「ぼっち旅」(鳶田ハジメ著 フレックスコミックス) (作品紹介) 漫画家鳶田ハジメ先生が、一人で国内旅行をした経験を書いた、旅行記漫画。 (つれづれ感想) 一人旅実録マンガですが、純粋にたった一人で行って帰っ…

「メソポタミアの殺人」(アガサ・クリスティー著 ハヤカワ文庫)

※ネタバレ注意 (本日紹介する本) 「メソポタミアの殺人」(アガサ・クリスティー著 ハヤカワ文庫) (作品紹介) 考古学者と再婚したルイーズの元に死んだはずの元夫から脅迫状が舞い込んだ。 名探偵ポアロが、ルイーズの過去からの悪夢の正体、そして遺跡…

「おじさんはカワイイものがお好き。」1巻(ツトム著 フレックスコミックス)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「おじさんはカワイイものがお好き。」1巻(ツトム著 フレックスコミックス) (作品紹介) 主人公小路三貴40歳。バツイチ一人暮らし。 元妻にも言えなかった主人公最大の秘密。 それは、カワイイものに目がなかった…

「カラオケ行こ!」(和山やま著 コミックビーム)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「カラオケ行こ!」(和山やま著 コミックビーム) (作品紹介) 合唱部部長岡聡実は、ひょんなことから四代目祭林組若頭補佐成田狂児の歌唱指導をすることになって… (感想) 親子ほど(年の差24歳)年の違う二人の、…

「じじ猫くらし」(ふじひと著 KADOKAWA)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「じじ猫くらし」(ふじひと著 KADOKAWA) (作品紹介) 12歳のおじいちゃん猫(だからじじ猫)と一緒に暮らす作者のコミックエッセイ (感想) 実際のじじ猫さんの写真も掲載されたエッセイです。 猫とふじひ…

「夜廻り猫」コミックモアイ

たまにどうしようもなく、読みたくなる8コマ漫画です。 どうにもならない夜とか。 でもそういう時に読むと、ままならない現実を描いてあるばかりでなく、結構笑える話も多いなってことに今更ながら気が付きました。 悲しい時だけでなく、笑いたい時にもどう…

「ミステリと言う勿れ」7巻(田村由美著 小学館)

[※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「ミステリと言う勿れ」7巻(田村由美著 小学館) (作品紹介) 当サイトなら、知らない人は完全初心者かモグリの管理人大プッシュ推理漫画。 我らが主人公久能整の推理が冴えわたる! 単行本派の方はお待たせ、本日発…

「水は海に向かって流れる」3巻(田島列島著 講談社)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「水は海に向かって流れる」3巻(田島列島著 講談社) (作品紹介) 訳アリ(双方の親がW不倫していた)男女のひとつ屋根の下物語。 完結です。 (感想) ボーイミーツガールって意味なら大団円です。 主人公の直達君…

「がんばらなくても死なない」(竹内絢香著 KADOKAWA)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「がんばらなくても死なない」(竹内絢香著 KADOKAWA) (作品紹介) 漫画家竹内絢香先生のコミックエッセイ 内容は、タイトルが全てを表しています。 (感想) 「人間がんばれない時がある、無理」といったよう…

「プリンセスお母さん」2巻(並庭マチコ著 KADOKAWA)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「プリンセスお母さん」2巻(並庭マチコ著 KADOKAWA) (作品紹介) ギャグ漫画家並庭マチコ先生の実録家族漫画。 2巻目です。 (感想) ママ子さん、相変わらず凄いですねー。 姫感あふれているのは、「母と…

「葬送のフリーレン」1巻(原作:山田鐘人 作画:アベツカサ 小学館)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「葬送のフリーレン」1巻(原作:山田鐘人 作画:アベツカサ 小学館) (作品紹介) 魔王を倒した勇者一行。 その50年後、勇者ヒンメルはこの世を去り、魔法使いのエルフ、フリーレンは『人』を知る旅に出る。 エルフ…

「アクロイド殺し」(アガサ・クリスティー著 早川書房)

※ネタバレ注意 (本日紹介する本) 「アクロイド殺し」(アガサ・クリスティー著 早川書房) (作品紹介) 村の名士アクロイド氏が何者かに殺害された。 一年前に引退し、カボチャの栽培に精を出していたポアロが、探偵として返り咲き、再び謎を解く (感想…

「Dr.STONE」17巻(原作:稲垣理一郎 作画:Boichi ジャンプコミックス)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「Dr.STONE」17巻(原作:稲垣理一郎 作画:Boichi ジャンプコミックス) (作品紹介) 令和2年9月、本日発売最新刊 もう17巻になるんですね (感想) ホワイマンの正体を探しに月へ行くぞ(前巻よ…

「DIVER ダイバー -組対潜入班ー」1巻(大沢俊太郎著 集英社)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「DIVER ダイバー -組対潜入班ー」1巻(大沢俊太郎著 集英社) (作品紹介) 日本警察は、あらゆる犯罪組織に対抗するべく、対に組織犯罪対策部(通称組対)で潜入捜査を開始! 悪魔と呼ばれた刑事黒沢兵悟が潜入…

「ゴルフ場殺人事件」(アガサ・クリスティー著 早川書房)

※ネタバレ注意 (本日紹介する本) 「ゴルフ場殺人事件」(アガサ・クリスティー著 早川書房) (作品紹介) 探偵ポアロの元に来た、ポール・ルノー氏からの依頼状。 その依頼を受けて、早速ポール・ルノー氏の元へ出かけるが、到着した日の朝に既に彼は殺さ…

「スタイルズ荘の怪事件」(アガサ・クリスティー著 早川書房)

※ネタバレ注意 (本日紹介する本) 「スタイルズ荘の怪事件」(アガサ・クリスティー著 早川書房) (作品紹介) 記念すべきアガサ・クリスティーの初探偵小説。 名探偵ポアロの初登場作品。 (感想) 一人アガサ・クリスティー祭り(正確にはポアロ祭り)を…

「将棋の渡辺くん」2巻(伊奈めぐみ著 講談社)

※ネタバレ注意 (本日紹介する漫画) 「将棋の渡辺くん」2巻(伊奈めぐみ著 講談社) (作品紹介) 渡辺明新名人(令和2年8月31日現在)の日常を奥様である伊奈めぐみ先生が綴ったコミックエッセイ 何故1巻でなく2巻かって? 地元の本屋に売ってなか…

このブログランキングに参加しています。 この記事を読んで「押す(推す)ことにやぶさかでない」方は、どうぞ応援クリックをよろしくお願い致します。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村