埋もれ木図書館

おススメの漫画・本・ゲームもろもろの紹介をします。

名作は色褪せない 吉野朔実②「カプートの別荘においで」(吉野朔実著)

 「愛が孤独を救うことはないのだ」

 

のっけから名言を載せさせて頂きました。

短編漫画「カプートの別荘においで」(吉野朔実著)のラストからセリフを抜粋。

小学館文庫「エキセントリクス」(吉野朔実著)2巻の巻末に掲載されている漫画です。

本日のおススメポイントは・・・

・短編ということもあり、すぐに読める

・その短いページの中でよくぞ描き切った、恋と愛と孤独

・物語ラストのシーンが秀逸(色んな意味で泣ける)

 

ハッピーエンドでないので、そういう話を読むと向こう3日は落ち込むという人は、バックオーライでお願いします。

私も基本ハッピーエンドが好きですが、それを差し引いてもこの恋愛短編漫画は読んでほしい。

恋愛漫画に欠かせない主成分、「恋」と「愛」とは?

そして人間の誰もが背負っている「孤独」とは?

ボーイミーツガールの話なのに、それだけに終わらせないところが作者の凄いところです。

 

このブログランキングに参加しています。 この記事を読んで「押す(推す)ことにやぶさかでない」方は、どうぞ応援クリックをよろしくお願い致します。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村