埋もれ木図書館

おススメの漫画・本・ゲームもろもろの紹介をします。

「殺し屋だって見守りたい」1巻(隈浪さえ著 ガンガンコミックスPIXIV)~尊い見守り~

今の時代、販売する漫画は必ずといっていいほどお試し版がネットで公開されています。いい時代になりました。

逆にネット発信からバズって紙の単行本として販売された漫画もあります。

前に紹介した「犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい」も、

元々ネット連載が、今や紙の単行本で3巻まで発売されています。

(そして、9月29日の今日も新しい話が更新されていました)

今日紹介するのは、やはりネットにアップした作品がバズって本になった

「殺し屋だって見守りたい」1巻(隈浪さえ著 ガンガンコミックスPIXIV)

です。

 

(ストーリー)

フリーの殺し屋として、日々裏社会の残忍さを目の当たりにしている主人公が趣味にしているのが、人の恋路を見守ること。特に両片思いが好み。

そんな彼の殺伐とした日常と、両片思いの2人を見守る日常のギャップを描いたギャグ漫画です。

 

(おススメポイント)

・2次元カップルあるある(ただしノーマルカップリング限定)てんこもり

・殺し屋が出てきて確かに殺戮シーンもありますが、お気楽に楽しめるギャグ

(血が出てくるシーンがダメな人はバックオーライでお願いします)

 

“2次元世界に対する両片思いの見守り隊”と書いて私にとっては「推しカップル」なんで、子どもの頃からありました。漫画でも小説でもゲームでもドラマでも。

インターネットで閲覧できる2次創作はまさしく、この作品でいうところの『憩いの場』です。

そんな感覚があったので思わず私も読んでいて『分かる~!』と唸りました。

登場する両片思いたちのシチュエーションもさまざまで2次元世界に出てくるカップルあるある(幼馴染、凸凹カップル、ツンデレ)も見ていて楽しかったです。

 

ただ、殺し屋が主人公なのでやっぱり描写として殺しの場面がどうしても出てくるので、そういう描写が大丈夫な人はどうぞ。

 

このブログランキングに参加しています。 この記事を読んで「押す(推す)ことにやぶさかでない」方は、どうぞ応援クリックをよろしくお願い致します。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村