埋もれ木図書館

おススメの漫画・本・ゲームもろもろの紹介をします。

「マロニエ王国の七人の騎士」1巻(岩本ナオ著 フラワーコミックスα)

※ネタバレ注意

 

(本日紹介する漫画)

マロニエ王国の七人の騎士」1巻(岩本ナオ著 フラワーコミックスα)

このマンガがすごい!2018オンナ編第1位に輝いた作品。

現在連載中。月刊フラワーズ12月号の表紙と巻頭はマロニエ王国の七人の騎士ですよ!

 

(どんなストーリー?)

八つの国からなる大陸の中央の国、マロニエ王国。

女将軍バリバラの七人の息子が、マロニエ王国と近隣諸国との友好のため、周辺の7つの国に、一人ずつ大使として(名目は騎士長)向かうというもの。

ちなみに既刊3巻プラス連載分を読んでも、話が最終的にどう転ぶかはまだ読めません。

 

(1巻ネタバレ感想)

さ、先が読めねえ…。

1巻は、1・2話ではマロニエ王国の王女と四男寒がりとの交流が中心になります。王女は名前と性別を偽っているのに、寒がりはうっかり王女に惚れてしまいます。

これは、王女と騎士のロマンスか!?と思いきや、3話以降で一気に話が長男眠くないとその幼馴染兼婚約者となったエレオノーラ(通称エリー)に移り(場面展開早っ!)、眠くないとエリーと大貴族の息子ヨアンが、当初の予定通り友好の為に夜の長い国に向かいます。

内容としては、かなり大ざっぱですがこれで大体説明がつきます。

 

何やら王女はお見合いを意図をもって妨害されていたり、夜の長い国では何やら陰謀めいたものを感じたりと、いろいろ謎が謎を呼んだまま話が進み、そのまま1巻は終わります。

おそらく今後話のキーパーソンとなるであろう、今は亡きバリバラの夫、ペレグリナスがちらっと出たり。

あんまりちらっとだったので、1巻を読んだ時は、何だこの人?とあまり気に留めませんでした。ちなみに、1巻で病床のペレグリナスがエリーにクルっと一回転をお願いした理由の伏線は、3巻にならないと判明しません。

 

意味が分からないなりに、長男眠くないの婚約者エリーに対する大胆な発言で、胸キュンしたりもしますので、マロニエ王国と登場人物を理解するためにも、まずは1巻からどうぞ。

 

このブログランキングに参加しています。 この記事を読んで「押す(推す)ことにやぶさかでない」方は、どうぞ応援クリックをよろしくお願い致します。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村