埋もれ木図書館

おススメの漫画・本・ゲームもろもろの紹介をします。

「トクサツガガガ」2巻(丹羽庭著 ビッグコミックス)

※ネタバレ注意

 

(本日おススメする漫画)

トクサツガガガ」2巻(丹羽庭著 ビッグコミックス

 

ストーリー紹介は、昨日の記事を読んでください。

昨日の記事→「トクサツガガガ」1巻

 

(2巻ネタバレ感想)

2巻で個人的に一番好きなのは、やっぱり17話の「本物かニセモノか」です。

スーツアクターさんの魅力全開で、特撮愛に溢れた回だなあと感心しきり。

管理人は子どもの時、特撮のショーは冷めた目で見ていた人間なので、こういう楽しみ方があったのかと目からウロコがポロポロと落ちました。

むしろ大人になった今の方が、あらゆる意味で特撮ショーを楽しめそうです。

 

12話の「「てれびくん」の買い方」は激しく同意する回でした。

「てれびくん」に限った話ではないですが、自分の趣味・嗜好のものは、普通にお店に売っているんで、誰が買ってもダメではないんだよ?

それは分かるんだよ?

頭の中ではちゃんと分かってはいるんだよ?

だけど心は追い付かず、主人公の仲村さんが死ぬほど恥ずかしくて諦めるとまで言う気持ちは痛いほど分かります。

漫画や本についてはあまりそういう事はないですが、ゲームを買うときは管理人は架空の家族の為に買っています。

 

そして、2巻ではトクサツガガガの頼れる追加戦士、北代さんが登場します!

ここから4巻にかけての怒涛の展開は、(管理人にとって)トクサツガガガの一番の見どころだと思っています。

 

トクサツガガガは既刊17巻(まだ続く)と長い作品なので、全巻集めるのはちょっと躊躇うという人なら、とりあえず1~4巻までをお試しで読んでみて欲しいです。

4巻はちょうど切りの良いところで終わっていますので。

そこでハマる人はどんどん追いかけていってほしいし、そうでもない人は一応一区切りはしますので、モヤモヤしないとは思います。

このブログランキングに参加しています。 この記事を読んで「押す(推す)ことにやぶさかでない」方は、どうぞ応援クリックをよろしくお願い致します。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村