埋もれ木図書館

おススメの漫画・本・ゲームもろもろの紹介をします。

「トクサツガガガ」4巻(丹羽庭著 ビッグコミックス)

※ネタバレ注意

そして、これまでの復習!

「トクサツガガガ」1巻

「トクサツガガガ」2巻

「トクサツガガガ」3巻

 

(4巻ネタバレ感想)

いや~、これが書きたかった!

4巻、とうとう追加戦士北代さん加入!!

この巻本当に好きですね。分かりみすぎてツライんですよ(勿論いい意味で)

北代さんの動きとともに感想GO!

 

31話の「仲間ってなんだろう」の巻で、隠された北代さんの過去が分かります(北代さんの回想なんで、主人公の仲村さんは知らないまま)。

悪気が無いとはいえ、ドルオタ友にドルオタであることをバラされたことで結局会社に居づらくなり退社となってしまった北代さんの悲しい過去。

 

<なんでアイドル=恋愛対象なの!?別に付き合いたいとか彼氏にしたいとかじゃなくてね!?>

<でも、私がどう思っていようが、30も過ぎて独身でアイドル好きなんて、まわりはそんなふうには思ってくれない>

これ、話はドルオタですけれど、そうでなくてもホント独身あるあるなんですわー。

リアル世界でよく「好きな芸能人誰?」って聞かれるじゃないですか。

「興味ないです」っていうのも色々問題だし、何より場の雰囲気を壊したくないので色々考慮した上で、当たり障りのない人気芸能人を選択して「〇〇さん」と答えるじゃないですか(勿論〇〇さんは好きか嫌いかで言ったら、好きですよ)。

するとその〇〇さん=恋愛対象となるんですよ!独身者は。

そして「いつまでも〇〇さん(みたいな人)を追っかけていちゃダメよ」的な事を言われるんですよ。これが。

いやいや、いい歳したいい大人がガチで芸能人の〇〇さんと結婚してぇなんて思いませんて!

テレビの向こうのその人がどういう内面をしているのか、自分と接する時にどんな人柄であるかなんて全く分からないのが(知り合いでもない)芸能人です。

いくら好みの外見をしていても、四六時中DV(精神・肉体問わず)するような人などとは、管理人とても結婚してぇとは思いません。

そして何より、これはある意味とても大事な事でもありますが、その芸能人の好みの問題もあります。

こっちも好みがあるように、向こうも好みは存在するし、それに自分が当てはまるかどうかなんて、知りようもないですからね。

以上、現実的な事を踏まえた上での「好きな芸能人」であります。

管理人はドルオタではありませんが、アイドルファンの大半は現実的なことを踏まえた上でのファンじゃないのかなと思います。

なので、いち推しアイドル=ガチな恋愛対象と思われるのって不本意だというこの話は、道徳の教科書として義務化教育したらいいんじゃねと正直思います。

誤解なきように言っておきますが、アイドルを本気に好きになってもいいと思います。それでアイドル本人に迷惑をかけてはダメですが、そうじゃなければ別に良いと思っています。

つまり、ガチ好きであることも踏まえた上で、アイドルを好きなことと結婚(恋愛)相手は必ずしもイコールじゃないし、何かにハマるということは、そんなに単純な話じゃねえんだよと言いたいのです。

いくら美人(イケメン)が好きだからって、この世の美人(イケメン)全員を好きになるかっていったらおそらくそうでもないし、伴侶は特に美人(イケメン)を選ばなかったと言ったら分かり易いでしょうか。

勿論、全員好きになる人もいるし、美人(イケメン)であることだけを理由に伴侶を選ぶ人もいますしね。

 

不本意な形でドルオタであることを広められて、趣味を楽しめなくなった北代さんの独白も秀逸です。

 

<仕事でもそうやって、ガマンして頑張ってさ、なんで趣味まで、そんなに皆にニコニコしてなきゃいけないんだろう。>

ほんこれ!!

本来自分のしたいようにする筈の趣味なのに、我慢して頑張ってまでやる意味あるのか!?

これが、楽しみと苦痛の境界線だなとは個人的に思います。

ガマンして頑張るようになったら、もうそれタダの苦痛だから。

趣味にしろ仕事にしろ何にしろ。

金と時間の泥棒だから。年を取ったら時間泥棒はホントにキツイ。

それで、結局仕事場から住まいまで変えてしまった北代さんの気持ちはよく分かります。

それを乗り越えて、和解し、新たな仲間も出来た北代さん。

4巻はゼヒ読んで欲しいです!!

主人公は仲村さんなのに、北代さんの話で終わっちまった。

勿論他の人たちも出てきますが、やっぱり4巻は北代さんとの和解の巻ということで!

以上!!

このブログランキングに参加しています。 この記事を読んで「押す(推す)ことにやぶさかでない」方は、どうぞ応援クリックをよろしくお願い致します。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村