埋もれ木図書館

おススメの漫画・本・ゲームもろもろの紹介をします。

100記事おめでとう、ありがとう

今年の8月から開始したこの埋もれ木図書館ですが、

この記事で何と、記念の100記事目となりました!!

おめでとう自分、ありがとう自分。

開設当初の目標、記事作成100を突破しました。

(毎日、多い時では日に2回更新していたので、まだ開設100日は突破していませんが)

 

100記事記念に何かやろうと考えていましたが、あんまり良い案も浮かばなかったので、このブログと管理人のつれづれ話を本日は番外編として書きます。

 

番外編①:ありがとうございます

ブログをやっている人ならあるあるかもしれませんが、管理人hanairoribonも当ブログに日参しています。このブログのアクセスの半分は多分管理人で出来ているといっても過言じゃありません。

この場をお借りしてですが、

私の記事に☆を付けて下さる心の広い読者の皆さま、いつも本当にありがとうございます。

皆さまのブログには時間が遅くなっても必ずお邪魔させて頂いております。

ちなみに、☆を付けて下さる読者の皆さまのブログの方が管理人ブログより人気も知名度も高いです。このブログに目をかけて頂いて、嬉しいです。

読者になってくださる皆さま、本当に、本当にありがとうございます。

いつも励みにさせて頂いております。

読者になってくださる皆さまのブログの方が管理人のブログよりも(以下略)。

 

番外編②:埋もれ木図書館の記事を読むなら?~アクセスベスト3~

これまでの100記事(正確には99)でどうも一番人気なのは、スマホ版注目記事1位の「星の瞳のシルエット」紹介文ですね。

現在不動の第1位です。

星の瞳のシルエット」連載が終わってから随分と時間が経っているというのに、今でもやはり人気があるという証拠でしょうか。

コミックタタンに連載されている「星屑セレナーデ」も1巻が発売されているので、興味のある方はそちらもゼヒどうぞ。

星の瞳のシルエット」が1位なのは自分でも正直ビックリです。

ちなみに、他は「透明人間の恋」も人気みたいですね。

 

2位は、「リボーンの棋士」4巻の紹介。未だブレイクしているとは言い難い状況ですが、将棋スキーなら読んで損はないですよ。

リアル世界でも勧めて好評でした。

登場人物でおススメなのは、土屋君です!彼がいてこその「リボーンの棋士」です。

「リボーンの棋士」は1・3位の作品の知名度と比べると、当ブログでは人気が高いというのは嬉しいです。そういう布教のためのブログですので。

 

3位は「ミステリと言う勿れ」の月刊フラワーズ11月号のネタバレ感想。

発売日に買って最新12月号のネタバレ感想も載せているので、そっちも読んで~。

むしろ今はそっちの方がトレンドですよ~。

やっぱり久能整が出ないとダメなのか!?我路君もカッコイイよ。

でも我路君だと哲学問答できないし。もしやってもキャラが被るだけなんで、おそらくやらないと思う。

3位の「ミステリと言う勿れ」は自分でも推しなので、これからも追っていくつもりです。田村由美先生のおススメはこれだけじゃないですからね。

 

これからも、埋もれ木図書館よろしくお願い致します。

 

このブログランキングに参加しています。 この記事を読んで「押す(推す)ことにやぶさかでない」方は、どうぞ応援クリックをよろしくお願い致します。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村