埋もれ木図書館

おススメの漫画・本・ゲームもろもろの紹介をします。

「ミステリと言う勿れ」月刊フラワーズ1月号 ネタバレ感想

今日は何の日(以下略)

 

月刊フラワーズ1月号のネタバレ感想だ!

 

(本編感想)

…やっぱり整出ねえや。

現在の足取りはどこなのかは大隣署の皆さまが(読者に)教えてくれます。

管理人さん情報で、我らが主人公久能整は広島にいるとのこと。

丁度横溝正史の世界にどっぷりつかっているところなんでしょう(詳細は2~4巻)。

どうでもいい話ですが、管理人さん久能整の行動把握しすぎです。

もともと1日しか滞在しない予定の広島旅行だったのに、何故そんなに彼の行動に詳しいの!?

実はとっても仲良しなの!?

 

閑話休題

 

そんなわけで、今回も我路君といとこーずで話は進みます。

愛珠姉さんの思い出と共に、彼女の足取りと今回の事件の謎に迫ります。

被害者のバッグと我路君の指紋付着のうっかりミスは実は先月号から気が付いていましたが、結構なネタバレになるかと思い言及しませんでした。

やっぱり警察、すぐに気が付くよね。バスジャックの事件があって直ぐだったし。

これ以上は事件の核心に迫ってくるので読んでからのお楽しみです。

とりあえず、猫田さん逃げて―!とだけ言っておきます。

このブログランキングに参加しています。 この記事を読んで「押す(推す)ことにやぶさかでない」方は、どうぞ応援クリックをよろしくお願い致します。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村