埋もれ木図書館

おススメの漫画・本・ゲームもろもろの紹介をします。

聖地巡礼と作品紹介~第2回~ 東京藝術大学と「ブルーピリオド」

(この企画を始めたきっかけ)

「ブルーピリオド」の紹介から始まったこのブログですが、

読んでいるうちに東京藝術大学聖地巡礼してみたくなり、ネットで調べました。

自由見学とキャンパスツアーの二つ。キャンパスツアーは要予約だそうなので、ハードルが高いと思い、予約の要らない自由見学を選択しました。

 

(広い上野)

JR上野駅に到着してから、上野恩賜公園へ到着。

上野恩賜公園とその周辺には、上野動物園上野の森美術館東京都美術館国立西洋美術館国立科学博物館東京国立博物館などが喧嘩することなくちゃんと建っています。

つまりそれぐらい広いです。

駆け足でなく、ちゃんと見学するなら上記にあげた建物だけで1日は簡単に費やせます。ただ公園内、飲食店が少ないから駅まで戻って食べないと厳しいと思いました。

ちなみにJR上野駅周辺の飲食店はメチャ混んでいます。

管理人、時間の関係もあり上野での食事は諦めました。

東京藝術大学はその広~い上野恩賜公園を抜けたところにあります。

 

東京藝術大学とアートプラザと「ブルーピリオド」)

空腹と疲労と寒さを抱えたまま上野恩賜公園を抜けて東京藝術大学に到着。

そのまま藝大アートプラザにふらっと入りました。

アートプラザは入口が分かりにくいですが、本当にふらっと(気楽に)入れます。

管理人の前にはナイスミドル夫婦が来ていました。

藝大アートプラザには、藝大の学生、教職員、卒業生の作品が展示・販売されています。ちなみに結構値が張ります。数万~数十万とする作品がポンとおいてあります。

取扱いには十分にお気をつけください。

中には1万円もしない作品やアクセサリーも売っていますが、数は少ないです。

アートプラザ入口から見て右手奥にはもうちょっとお求めやすい、藝大グッズが売っています。

藝大の徽章(きしょう)「アカンサス」も色違いで売っていましたし、「アカンサス」入りのグッズもありました。

管理人としては、音楽学部をイメージとたマグカップが可愛かったです。持ち手がト音記号🎼になっています。色はピアノをイメージしたのか?白と黒の2色です。

グッズの斜め向かいには書籍も販売しているので、「ブルーピリオド」ないかしら、欲を言えばサイン本があればと思って棚をみましたが、1冊もありませんでした。

あったら聖地巡礼記念(藝大訪問記念)で買ったんですが。。。

実際は真面目な書籍ばかりでした。

自由見学ということもあって、校内の散策が出来たわけではありませんでしたが、藝大生の作品を直接この目で見れたことは、収穫でした。

ブルーピリオド2巻で八虎が敵情視察?も兼ねて藝大祭に行きますが、こんな気持ちで作品を見ていたのかなと勝手に悦に入りながら、アートプラザを堪能しました。

このブログランキングに参加しています。 この記事を読んで「押す(推す)ことにやぶさかでない」方は、どうぞ応援クリックをよろしくお願い致します。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村