埋もれ木図書館

おススメの漫画・本・ゲームもろもろの紹介をします。

「水は海に向かって流れる」2巻(田島列島著 マガジンKCDX)

※ネタバレ注意

昨日1巻紹介 の続きです

 

(本日紹介する漫画)

「水は海に向かって流れる」2巻(田島列島著 マガジンKCDX)

 

(2巻感想)

あのヒトが再登場だよ!

バーにいない探偵が!!

アキちゃんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

「子どもはわかってあげない」ファンは必見。。。

それだけで読む価値ありマス。

以上!

…本編の感想じゃねえや。

アキちゃんはちゃんと脇役というか端役として物語に邪魔にならないように出てきますが、出てくるということは「子どもはわかってあげない」と世界は続いているということなんですね。ひょっとすると主人公二人も今後背景人物として出てくるかも。

どこまでも「子どもはわかってあげない」に拘ってます。管理人。

 

…真面目に本編感想します。

2巻で物語が動きます。

泉谷さんが動くのはもうちょい先な気はしていましたが、もう2巻で動くのか。

確かに主人公直達と榊さんは永遠に動きそうもないキャラだしなあ。

管理人が思うよりは泉谷さんの展開早かったです。

この話、主人公直達が自分の気持ち(恋心)を自覚すればある意味完結しそうな話ではあります。

2巻はさらに直達が己の気持ち(恋心)に無自覚なまま女性陣(榊・泉谷)をひっかき回している印象を受けました。

ある意味罪作りな男だなー。直達。

それが本当にヒロイン榊さんにとって良いことなのかどうなのかは管理人には分かりません。

二人ともW不倫の家族というだけだし、世の中ほっといた方が良いこともあるからです。だから榊さんのこれまでの“波風立てたくない”という考え方も悪いこととは一概に言えないけれど、それが主人公直達の気持ち(恋心)によってどう振り回されて化学反応を起こし、どう二人が変わっていくのか。

 

「恋」というままならないものを、煩悶する覚悟でお読みください。

 

このブログランキングに参加しています。 この記事を読んで「押す(推す)ことにやぶさかでない」方は、どうぞ応援クリックをよろしくお願い致します。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村