埋もれ木図書館

おススメの漫画・本・ゲームもろもろの紹介をします。

「Dr.STONE」9巻(原作稲垣理一郎 作画boichi ジャンプコミックス)

※ネタバレ注意

 

(本日おススメする漫画)

「Dr.STONE」9巻(原作稲垣理一郎 作画boichi ジャンプコミックス

 

(9巻感想)

VS司帝国!!

そして、一応の決着がつきます。

 

展開早っ!!!

 

いや、普通これ(VS司帝国)だけで少年漫画ではかる~く何冊も続くでしょう?

科学王国総出の戦いになるし。

「Dr.STONE」の展開が早いのにはもう慣れましたが、司とは一応1巻からの因縁の話なのに、対決自体1冊の中に納まります。

準備に8巻、決着1巻。

お祭とかイベントなんかの、準備に何日も何日もかけるけれど当日は1日っていうアレですよ。何事も段取り八分っていう。

…ある意味非常にリアリティある話です。

どういう決着の仕方なのかは、本編を読んで確かめて下さい。

ちなみに、何故司が高校生最強ということになったのか、その伏線の回収もあるので、司ファンの人も要チェックです。

実は私も個人的に気にはなっていました。何で高校生最強として有名なのって?

ちゃんと理由があったんですね。

ちなみにその理由は、何気に昭和の少年漫画っぽいです。

 

そして、9巻では決着を見るだけでなく、最後にアッと驚く展開が待っています。

 

待て次巻

 

このブログランキングに参加しています。 この記事を読んで「押す(推す)ことにやぶさかでない」方は、どうぞ応援クリックをよろしくお願い致します。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村