埋もれ木図書館

おススメの漫画・本・ゲームもろもろの紹介をします。

「夜明けのカレーライス」(魚乃目三太著)

※ネタバレ注意

 

(本日おススメする漫画)

「夜明けのカレーライス」(魚乃目三太著)

 

(作品紹介)

「しあわせゴハン」シリーズなどの漫画をtwitter上で公開している漫画家魚乃目三太先生による漫画。

twitterで読めるから、インターネットが見られる環境にいられれば実質無料で見られます。

ゴミ収集車で働き始めた青年の物語。

夜明けにいつも行く店で、その日主人公が頼んだ品はカレーライスだった。

 

(感想)

短編漫画なので、本当に5分もあれば読めてしまいます。

内容はお仕事漫画ではありますが、題名の“夜明け”の場面設定や“カレーライス”であることの理由は勿論のこと、それ以外にも何故この話がゴミ収集車の職場を舞台にしたのか、何故主人公の青年が店に入ってすぐにトイレに行ったのか、といった伏線が見事に無駄なく全て回収されているので、読んで思わず唸りました。

この話、一つも無駄な描写がありません。

また、主人公がカレーライスを選んだ理由に対する先輩の返しもイカしています。

 

「まわりを見ろよ…」

「面白いだろ?この時間だって働いてるヤツはいっぱいいるんだ」

「皆、悩んだり迷ったりしながら生きてるんだ…」

 

ほんこれです。

 

この漫画は社会人が舞台ですが、かつての主人公と同じ境遇である全国の子どもたちにも読んで貰いたいなと管理人は思いました。

先述の先輩の言葉を本当の意味で理解できるのは、それこそ職場の先輩位の年齢にならないとかもしれませんが、それでも心のどこかで残っていて、何かの折に思い出してくれたらいいと思ったからです。

さらにこの漫画の凄いところは、夜明けのカレーライスを食べた日だけでなく、後日談である半年後も描かれているところ。

主人公の変化も良くも悪くも劇的でなく、現実的でした。

頑張れ、主人公の青年。

ホロリと泣かせるだけでなく元気を貰える漫画なんで、働くあなたにおススメの作品です。

働いていてもいなくても、人生の中で躓いたことがある人ならきっと共感できる部分はあると思います。

このブログランキングに参加しています。 この記事を読んで「押す(推す)ことにやぶさかでない」方は、どうぞ応援クリックをよろしくお願い致します。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村