埋もれ木図書館

おススメの漫画・本・ゲームもろもろの紹介をします。

「パリピ孔明」2巻(原作:四葉タト 漫画:小川亮)講談社

※ネタバレ注意

 

(本日紹介する漫画)

パリピ孔明」2巻(原作:四葉タト 漫画:小川亮)講談社

 

(作品紹介)

過去記事→1巻

 

(感想)

コロナ禍の今だとこういったイベント自体開催されてないんじゃない?というヤボなツッコミは不可でお願いします。

完全1巻のネタバレになりますが、機材トラブルは諸葛孔明の策でしたかー。

まんまとハマりました。

敵対するバンドともうまく折り合いをつけてしまうところは、さすが軍師サマ!といったところです(だから諸葛孔明が転生したんでしょう)。

歌姫の英子はそんな孔明に甘えることなく、自分なりに努力するところも正直好感度高いです。

巻内に必ず英子のサービスシーンがあるんですが、管理人としては漫画の内容自体面白いんで、正直無くても一向に構いません。

 

2巻では歌姫の英子にラッパーを付けたいということで、諸葛孔明が目を付けたであろう新キャラが登場します。

彼の話が終盤のメインになりますが、さて、諸葛孔明はどんな手を使って彼を仲間にするのか!?

 

管理人にとって一番予想外だったのは、巻末漫画に大泉喬花さんが再登場したこと。

孔明の物件探しまだ続いてたんだ!

大泉喬花さん、ねねちゃんママみたいなことになってます。

 

このブログランキングに参加しています。 この記事を読んで「押す(推す)ことにやぶさかでない」方は、どうぞ応援クリックをよろしくお願い致します。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村