埋もれ木図書館

おススメの漫画・本・ゲームもろもろの紹介をします。

「殺し屋は今日もBBAを殺せない。」1巻(芳明慧著 小学館)

※ネタバレ注意

 

(本日紹介する漫画)

「殺し屋は今日もBBAを殺せない。」1巻(芳明慧著 小学館

 

(作品紹介)

タイトルが全てを物語っている作品。

野沢マコト(77歳・女性)を暗殺しようと成功報酬5,000万円につられた暗殺者たちが、次々に襲い掛かるものの、やはり今日も殺せない。

1話完結ギャグ漫画です。

 

(感想)

年寄りだからと舐めてかかって老人を襲ったら、逆にその老人に返り討ちにあったという、実際にあった事件をギャグに変換したようなお話です(勿論その事件とは何の関係もないフィクションです)。

 

この漫画はギャグなので、深い事を考えてはいけません。

そういう意味では、「殺し屋カナコ」の世界に似ていなくもありませんが、別に主人公マコトさん自身は殺しに走ることなく、殺し屋たちを成敗したり、警察に届けたりしています(見逃したりもしているが)。

ちなみに主人公マコトさん、多分かつてどこかの軍隊に隊長として所属していたらしいので、ハッキリ言ってズブの素人ではありません。

連載されている裏サンデーの方では、依頼主と主人公の関係がチラリと公開されていました。浅からぬ因縁がありそうな気がするので、最終的に主人公のマコトさんは依頼主の布施のところに姿を表すのでしょう。

 

それまでは、おそらく史上最強の元戦士であるマコトさんが暗殺者たちを倒していく様を楽しんで下さい。

いやー、しかし本当に彼女は強いですね。特にタバコが入ると特に。

 

このブログランキングに参加しています。 この記事を読んで「押す(推す)ことにやぶさかでない」方は、どうぞ応援クリックをよろしくお願い致します。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村