埋もれ木図書館

おススメの漫画・本・ゲームもろもろの紹介をします。

「スタイルズ荘の怪事件」(アガサ・クリスティー著 早川書房)

※ネタバレ注意

 

 

(本日紹介する本)

「スタイルズ荘の怪事件」(アガサ・クリスティー著 早川書房

 

(作品紹介)

記念すべきアガサ・クリスティーの初探偵小説。

名探偵ポアロの初登場作品。

 

(感想)

一人アガサ・クリスティー祭り(正確にはポアロ祭り)を開催しています。

そうなったら最初から読むのが順当だよね、ということで「スタイルズ荘の怪事件」読みました。

ポアロがベルギー人ということは周知の事実ですが、この探偵小説を見ると彼が仲間達と共にベルギーから亡命してきたと記されています。

かつては、ベルギー警察でもっとも有名だった敏腕刑事ポアロ

ベルギーから亡命してきたポアロ達を助けたのがスタイルズ荘の女主人で、今回の事件の被害者でもあります。

命の恩人の為にも奮闘するポアロ

これが初めての探偵小説というのだから、アガサ・クリスティーの手腕に脱帽。

本当に、これが初探偵小説なの!?

しかも、何社か出版社が断ったというから驚きです。

 

このブログランキングに参加しています。 この記事を読んで「押す(推す)ことにやぶさかでない」方は、どうぞ応援クリックをよろしくお願い致します。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村