埋もれ木図書館

おススメの漫画・本・ゲームもろもろの紹介をします。

「五匹の子豚」(アガサ・クリスティー著 ハヤカワ文庫)

※ネタバレ注意

 

(本日紹介する本)

「五匹の子豚」(アガサ・クリスティー著 ハヤカワ文庫)

 

(作品紹介)

母は、無実だった。

16年前に起きた高名画家の殺人事件。

容疑者は画家の妻。しかし母は無実だったと生前に送られた手紙から知った娘は自身の未来の為に、ポアロに事件の再調査を依頼する。

 

(感想)

推理小説では、事件は現場で起き、その場にいるか、事件後に駆け付けた探偵役によって解決する方式が一般的ですが、この話はその形式をとっていません。

16年前という過去に起きた事件の再調査を、当時生きていた人たちから聞き、その人たちの手記を元に、ポアロが真相に辿り着くという大胆な方式を取っています。

 

小説の手法としてはたいへん興味深かったです。

管理人個人の好みとしては事件は現場で起きて欲しいので、もどかしく思っていましたが、そこは名探偵ポアロ。最後の最後に崖の上で自白…ではなく、当時の関係者集めて真相を話し、事件を解決する様は見事としか言いようがありません。

また、全てを語らないラストもカッコよかったです。

 

純粋に謎解きとしても本書は面白いですが、人生訓としても深いことが書いてあって、実はそちらも興味深かったです。

 

なるべく事件の真相に触れないように、抜粋させて頂きます。

「最高に恵まれた条件で人生のスタートを切った者がかならずしも最大の成功と幸福を手にするとはかぎらないことに、ポアロは気がついた。」

「外から見れば、自慢できるようなものは何も持っていない。だが、ポアロの目には、なんの落胆もなく、挫折感もないように見受けられる。生きることに興味を持ち、いまなお、世の中の人々や出来事に興味を持っている。」

 

これ、自己啓発関係の本でなく、推理小説です。

 

ポアロの目を通して語られる人生とは、地位や名誉や伴侶を持つことではなく「世の中の人々や出来事に興味を持つ」ことなのだということが分かります。

 

本書は、女性の方に一読をおススメします。前にも書きましたが、アガサ・クリスティーは女性を、特に現代を生きる女性の味方だということが分かりますので。

 

本筋と関係ありませんが、本書ではなんとポアロの女性の好みが分かります。

ちなみに彼の好みは「華やかで贅沢な女」だそうです。

 

このブログランキングに参加しています。 この記事を読んで「押す(推す)ことにやぶさかでない」方は、どうぞ応援クリックをよろしくお願い致します。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村