埋もれ木図書館

おススメの漫画・本・ゲームもろもろの紹介をします。

「逃げ上手の若君」1巻(松井優征著 集英社)

※ネタバレ注意

 

(本日紹介する漫画)

「逃げ上手の若君」1巻(松井優征著 集英社

 

(作品紹介)

鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて駆け抜けた武将、北条時行の生涯を追った物語。

 

(感想)

ネウロ」の作者である松井優征先生の最新作。

ネウロ」時代と絵柄が結構変わっているので、表紙を見る限り本当に同一作者かと疑って読みましたが、諏訪頼重を見ると「あ、確かにネウロ(の作者)だわ」と納得。

それ以外にも、敵キャラなど、そこここにネウロの面影が残っています。

いえ、正しくはワザと残して描いています。

というか、そうでもしないと本当に分かりません。

別名義にして、100%ギャグ要素無くこの作品を描かれたら、少なくとも管理人は全く気が付かないと思います。

 

史実を元に描かれた漫画である以上、歴史の監修・解説につく人は絶対にいるだろうとは思っていましたが、歴史監修だけでなく、日本画家(単行本表紙の柄は管理人も個人的に惹かれました。)、書家、水墨画家、着物の柄の担当など、多岐にわたって様々な人が関わっている超豪華な作品になっています。

 

内容の紹介になりますが、南北朝時代の英雄、足利尊氏と生涯にわたり対立した敗軍の将、北条時行を描いた作品で、1巻は最初に歴史が動いた1333年を中心に描いています。

 

登場人物の描き方が、関係者の人たちが見て大丈夫なんだろうかと心配する場面もあったり、実存しないような魔物が登場したりしますが、歴史の監修がついているだけあって、基本の流れは史実を元に描かれています。

ごくごく狭い時代の範囲ではありますが、日本史の勉強になります。

ただ歴史の監修はあっても本作歴史の教科書ではなく創作物(フィクション)であるので、その点だけはお気を付けください。

 

あと、個人的に感想を言うならば、第1話で早々に退場してしまった、主人公時行の嫁の地位を狙う清子ちゃんが主人公時行ともう少し仲良しに描かれれば良かったのになあと思いました。

彼女の悲惨な最期を思うと、本当にちょっとの間だけでも、時行と幸せな時間が過ごせればといいのにと。

なかなか頭が回る上に計算高くて、実はあの容姿も含めて嫌いじゃなかったんですけどねー。管理人としては。

このブログランキングに参加しています。 この記事を読んで「押す(推す)ことにやぶさかでない」方は、どうぞ応援クリックをよろしくお願い致します。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村